学校案内

校長挨拶

秋田県立湯沢翔北高等学校

校 長  佐々木 英 憲


 本校は、湯沢市の北東に聳える御嶽山の麓、温泉湧き立ち、酒米香る湯ノ原の地に、平成二十三年四月、旧湯沢北高校と旧湯沢商工高校の統合により秋田県立湯沢翔北高等学校として誕生し、今年、学校創立十周年を迎えております。
 本校は、県内初の普通科と専門学科、共学化による統合を図り、総合制高等学校としてスタートいたしました。本校の特色は、多様なコースと科目選択、専門知識をもつ教員によるきめ細かな教育活動にあり、特色ある教育課程のもと、生徒の多様な進路希望に応えながら、着実に進路実績を積み重ねております。
 部活動では、運動部の女子バスケットボール部、野球部、柔道部、陸上部をはじめとする多くの部が東北大会、全国大会に出場を果たし、文化部の写真部、美術部が全国大会で高い評価を得ております。
 さらに、全校あげて地域興しの行事にボランティアとして協力しているほか、総合ビジネス科は課題研究を通じて地元企業と連携して商品開発に取り組み、地域の活性化に貢献しております。
 ほかにも高度で専門的な知識と技術・技能を身に付け、地域社会で即戦力として活躍できる「介護」と「ものづくり」のエキスパートを養成する専攻科が併設されており、地域社会を支える重要な役割を果たしております。
 また、昨年度からは、本県で初めて本校の地域校となった雄勝校との連携活動を開始し、両校の間で生徒・教職員の交流を図っているところです。
 このように、本科、専攻科、地域校の各教育活動と、地域との連携活動など、無限の可能性を秘めた学校としてその活躍が期待されております。
 これからも生徒・学生・教職員が一体となって、よりよい学校づくりに努めてまいりますので、なお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年7月19日

pagetop